世の中の小説には、1冊だけでは完結しないシリーズものの小説というものがあります。その中には、一体いつまで続くのか作者自身もわかっていないような作品もあり、1度ハマってしまうと抜け出せない魅力があると私は思っています。  それは、松岡圭祐さんの万能鑑定士Qの事件簿シリーズであったり、北方謙三さんの水滸伝シリーズであったり、ライトノベルでは川原礫さんのソードアート・オンラインシリーズなど数え上げればキリがありません。これらシリーズものの小説を読んでいると、読者はその世界観にどっぷりとつかっていくので、シリーズを通してのファンになりやすいと私は思います。  私は上記の中ではソードアート・オンラインシリーズの大ファンで、新刊が出ると常に発売日に買ってしまうほどです。こうして、シリーズものの小説を好きになると、発売日や新刊情報にとても期待感を持てますし、それが日常生活の刺激になります。  ですので、これからもたくさんシリーズものの小説を読みたいと私は思っています。