レジャーとしての「釣り」はいつの時代も子供達に人気の遊び、レジャーの一つですが、近年、子供達が「釣り」を怖がって釣り遊びをしなくなったとの調査結果が報告されています。 現代の子供達が「釣り」を怖がって遊ばなくなった理由は、「釣り」の際に針に付ける餌、特に「生餌」を「かわいそう」と感じて餌を付けれない子供が増加した事が主な原因となっているとの報告が上がってきています。 「ゴカイ」や「イソメ」、「赤虫」や「蛆虫」などの「釣り」の餌を生きたまま針に付ける事が「かわいそう」と多くの子供達は感じているとのこと。 こうした「行き過ぎた動物愛護精神」はその考え方に対して批判の声が多いのも事実です。 では、この様な「生餌」を使わない「ルアーフィッシング」などは子供達は遊ぶのかと言うと、これはずばり「遊ぶ子供達が増えている」とのこと。 やはり「生餌」を使うか使わないかが子供達が楽しく「釣り」を楽しめるかどうかに大きく関係しているのですね。